タイマッサージとは?
การนวดไทย คือ

タイ人にとってのタイマッサージ

タイマッサージとはタイの町を歩いていると、タイマッサージの看板をよく目にします。場所によっては、一つの通りに何軒もの看板を見かけることもあります。それほど、タイではマッサージが大衆に受け入れられています。最近の調査では、体調がすぐれない時、約5割の人が病院ではなくマッサージを受けに行くといわれています。それほどマッサージが受けられている理由の一つは、なんといってもその気持ち良さにあるでしょう。仰向けになり、足のつま先からゆっくりとしたリズムで、ほぐされていくと、気がついたら夢見心地になっていることがよくあります。これこそ究極のリラクゼーションのひとときでしょう。

タイマッサージの治療効果

タイマッサージの治療効果タイマッサージの治療効果も現代医学的に証明されつつあります。日本の厚生労働省にあたるタイの保健省では、タイマッサージの治療効果に注目をして、病院内でタイマッサージを治療に応用する試みが行われています。そして、その結果、頭痛、腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、喘息、高血圧、冷え症、便秘、アレルギーなど種類の症状に治療効果があることがわかってきました。これだけの症状に効果があれば、たとえ自覚症状がなくても、多くの人がマッサージを受けに行く理由が理解できます。また、西洋医学では扱えない、予防医学的効果もタイマッサージの特徴といえるでしょう。定期的にマッサージを受けていれば、症状が悪化して大病になる前に、病気を治してしまうことも可能なのです。

タイマッサージの歴史

タイマッサージの歴史
タイマッサージには、約2千5百年の歴史があります。その創始者は、今から約2千5百年前の時代を、釈尊と共に生きていたインドのシワカ・コマラパ師とされています。彼は仏陀の主治医であり、当時、サンガ(仏教僧の集団)の筆頭医師として活躍していました。その当時、仏教僧たちを救っていた仏教医学は、仏教の伝来と共にタイに伝わり、中国医学を吸収し、タイ伝統医学として確立されました。そして、今度はワットと呼ばれる寺院で、民衆を救っていくのです。タイでのワットの役割は、仏教の教えを説く所だけではなく、ある時は集会所になり、またある時は学校になり、そして病院の役割を果たすこともありました。そのワットで、タイマッサージは奉仕活動の一環として、体の悪い人たちに無償で施されたのです。

仏教の教え

仏教の教え
ワットでは、タイマッサージを施すために必要な、仏教の教えも説かれました。それは、仏教でいう愛の概念「慈・悲・喜・捨」の心です。「慈」とはすべての生命あるものに対して、友情の心をつくろうとイメージをして、自分の心を変えていき、相手の気持ちを中心に考える習慣をつけることです。「悲」とは、人の苦しみを抜き去ることを目的として行動し、痛みに苦しんでいる人がいたら、その痛みを取り去ってあげたいと思う気持ちのことです。「喜」とは、他人の痛みや苦しみがなくなったことに対して、「本当によかったなあ」と素直に喜べる気持ちをいいます。その気持ちを広げていくと、全ての生き物の幸せを喜べる気持ちになるのです。「捨」とは、自分勝手な判断を捨てて、あるがままの姿を観ることを意味します。つまり、捨の心は、すべての生命を平等な存在としてとらえ、それらの生命が、幸せになりますようにと思う気持ちをいうのです。このような仏教の教えとタイマッサージは一体化して、タイ全土に広がっていったのです。

タートとセン

タートとセン
タイ伝統医学では、体は土、水、風、火の4つ構成要素(タート)から成るとを考えています。そして、その4つの要素のバランスが崩れるとき病気になると信じられています。

「土」(タート・ディン)
髪、毛、爪、歯、皮膚、肉、筋、骨、骨膜、心臓、腎臓、脾臓、肝臓、筋膜、肺、小腸、大腸、新しい食べ物、古い食べ物、脳・脊髄などの土に帰るもの全てを構成している要素

「水」(タート・ナーム)
胆汁、涙、痰、脂肪、膿、唾液、血、鼻水、汗、リンパ、尿、関節液などの水分の全てを構成している要素

「風」(タート・ロム)
下から上へ通る風、上から下へ通る風、腸の中の風、胃の中の風、血液の動き、呼吸など体の中の動きの全てを構成している要素

「火」(タート・ファイ)
体温、高熱、老化の火、消化の火など熱の全てを構成している要素

この内、特に風(ロム)のエネルギー要素に働きかけ、体の動きを良くし、病気を治していくことがタイマッサージの基本理論なのです。大寝釈迦仏で有名なバンコクのワットポーという寺院には、今でもタイ伝統医学の学校があり、境内にはマッサージを受けられる所もあります。また「セン」と呼ばれる鍼灸医学の経絡に似た、エネルギーラインが彫られた石版を、壁一面に掛けて保存している場所もあり、この「セン」をマッサージをすることも、大きな特徴といえます。代表的なセンは10本あり、その中を流れるエネルギーをプラーナと呼びます。

タイマッサージのテクニック

タイマッサージのイメージ
タイマッサージは、頭のてっぺんから足のつま先までの、体のあらゆる場所を治療の対象としています。そしてその治療は、指圧・マッサージとストレッチ、そして矯正の三つの部門に分けられます。指圧・マッサージで凝った筋肉をよくほぐし、ストレッチでそのゆるんだ筋肉を十分にのばし、最後に矯正で体の歪みを整えるという、現代医学に照らし合わせてみても、理想的な治療体系を持っています。しかもタイマッサージの治療対象は、体だけにとどまらず、心や精神をも治療の対象としています。マッサージを受けている時、脳内はアルファー波で満たされ、半覚半眠の状態にあり、非常にリラックスした気分を味わえます。この精神を安定させ、心をリラックスさせる鎮静作用も大きな特徴です。

タイマッサージの目的

タイマッサージ(蓮の花)
タイマッサージの最大の特徴は、マッサージをする側も、される側も「無我の境地」に近づくことです。マッサージを始める前に、心の準備として、「オンナモ」というマントラを唱え、これから良いマッサージができるようにお祈りをし、ファーザードクターのシワカ・コマラパ師に感謝の気持ちをあらわします。そして、マッサージ中は、自分の呼吸と相手の呼吸とに注意を払い、相手の体を押す時は、ゆっくりと押していきます。そしてストレッチをする時も、呼吸に注意を払い、吐く息に合わせて、ゆっくりと筋肉を伸していきます。この深く長い、吐く息が中心の呼吸は「アナーパーナ・サティ」と呼ばれ、この呼吸法を使い動作を繰り返し行うことによって、副交感神経が優位になり、マッサージをする側もされる側も「深い静寂の状態」に近くことができます。これこそが、仏教の影響を受けたタイマッサージの、最終的な目標なのです。

(以上日本タイマッサージ協会出版「タイマッサージ入門」、BAB出版「タイマッサージ」より抜粋)


ログイン

タイマッサージの基礎知識

  1. タイマッサージとは?
  2. タイ国の歴史
  3. 創始者シワカ・コマラパ師の系譜
  4. オンナモについて
  5. タイマッサージに必要な仏教知識
  6. タイマッサージの心と体の治療効果
  7. タイマッサージをする時の注意事項とマナー
  8. タイ伝統医学概論
  9. タイマッサージを理解するための 整体学
  10. ルーシーダットンについて
  11. トークセンについて
  12. ヌントーンについて
  13. タイマッサージとタイ語
  14. タイマッサージの関連法規
ページ上部へ戻る