ヌントーンについて
นึ่งท้อง

ヌントーン(ソルトポット温熱療法)について

タイ北部、ラーンナーには、トークセンをはじめ、ヤムカーン、ユーファイ、チェットヘークなど様々な治療方があります。ユーファイは、火と共にいる(ユウがいる、ファイが火という意味)という意味で、出産後の子宮の回復を早めるために、ハーバルサウナや、食事療法、ハーバルボールなどを併用して、体質の改善を進めますが、その中でも手軽にできて、尚かつ効能が高い治療法が「ヌントーン」です。ヌンとは蒸す、トーンとはお腹の意味で、ラーンナーを代表する治療法です。
ヌントーンでは、素焼きのクレイポットで粗塩を200度近くに熱し、そのポットを使い、筋肉を優しく押して、全身をほぐすテクニックで、体の芯まで温め、毒素を排出させ、脂肪をも燃焼させる効果があります。

効果

  1. 体を温め、血行を良くする。特にお腹を温めるため冷え性、生理痛、腰痛、胃腸障害、肝臓疾患などに効果がある。
  2. 壷で押すことで、筋肉をほぐし和らげる。(腰痛、肩こり、筋肉痛、神経痛が和らぐ)
  3. 薬草の力で、炎症を抑え、痛み腫れを和らげる。
  4. 塩の力で、体を浄化する。
  5. 古くなった脂肪(セルライト)を減少させる。
  6. 体をほぐす順番により、精神をリラックスさせ、気持ちを静める。

準備

    ヌントーン

  1. ポットに粗塩を入れ、弱火で約20分熱する。
  2. 綿の布を広げ、その上に薄い不燃繊維で出来た布を敷く。
    不燃繊維の上に、スプレーで薬草エキスを吹きかける。その上に厚い不燃繊維を敷く。
  3. 熱したポットを厚い不燃繊維の上に置く。
  4. 不燃繊維で、ポットを包み、それを綿の布で包んで結ぶ。
  5. 別の綿の布の上に薄い不燃繊維を敷き、④で包んだポットを包む。
  6. 最後にそのポットを火炎防止タオルで包む。
ヌントーン
施術を受けた感想:

今までに無い新感覚のマッサージで、患部全体が暖かな大きな手でほぐされていく感覚があり、とても気持ちが良く、優しさを感じました。さらに、施術の前半からどんどん身体が暖かくなり、暖かい木漏れ日の中で昼寝をしているような感覚でした。また、施術の一定のリズムが、心と身体の両面に心地よく、とても癒されました。施術の後半は記憶がなくなり、微睡みの中に落ちてしまいました。心身ともに癒されながら、痛みや凝りを治したい!といった方に、是非体験して頂きたいと思いました。(女性45歳、会社役員)

ヌントーン


(日本タイマッサージ協会ヌントーンテキストより抜粋)

ログイン

タイマッサージの基礎知識

  1. タイマッサージとは?
  2. タイ国の歴史
  3. 創始者シワカ・コマラパ師の系譜
  4. オンナモについて
  5. タイマッサージに必要な仏教知識
  6. タイマッサージの心と体の治療効果
  7. タイマッサージをする時の注意事項とマナー
  8. タイ伝統医学概論
  9. タイマッサージを理解するための 整体学
  10. ルーシーダットンについて
  11. トークセンについて
  12. ヌントーンについて
  13. タイマッサージとタイ語
  14. タイマッサージの関連法規
ページ上部へ戻る