新タイマッサージ・STT

STTとは?

STTは、oftraining haimassageの略で、
タイマッサージに日本古来の導引テクニックを取り入れ、タイマッサージを受けながら筋力をつけるプログラムです。
ハードなトレーニングではなく、ソフトなトレーニングをすることで筋力アップを目指しています。

stt

今までのタイマッサージにSTTを追加することで、筋力アップ、柔軟性アップ、そして、硬くなった筋肉をほぐす効果が期待でき、レベルが一段上がった施術になります。
また、STT単独でも十分な効果が発揮でき、リハビリにも応用できます。そして、STTを学んだ後は、今まで行っていたタイマッサージのレベルが確実に上がります。
最近は、24時間フィットネスやパーソナルトレーニングなど、個人で筋力アップをする方が増えています。
しかし、トレーニング後のケアが少ないため、使った筋肉がそのまま硬くなり、凝りになるケースが多いのも事実です。
その点、STTでは凝りになる前に筋肉をほぐすため、筋力がつくと同時に凝りはほぐれていくのです。

stt02

残念ながら、タイマッサージを受けるだけでは筋力はアップしません。
しかし、これからは、いつまでも若い体力作り、プラス高齢者でもできる筋力アップトレーニングが必要となってきます。
筋力アップはしたいけれど、ジムでマシントレーニングをガンガンするまでのモチベーションはなく、でもこのままで良いのかどうか迷われている方は多いと思います。
そういう方たちのためにSTTが開発されました。
そして、対象の年齢層は、若い方から高齢者までと幅広く対応できます。

stt03

是非この機会にSTTプログラムをマスターされ、タイマッサージセラピストから一段レベルアップしたタイマッサージトレーナーとなって、皆様の健康に寄与していただきたいと思います。
タイマッサージのネクストステージとなる今回の講座に、皆様のご参加をお待ちしております。

対象者:タイマッサージ歴半年以上、または各種マッサージの経験1年以上、STTプログラムに必要な解剖知識は、すでに学ばれている方も、まだ学ばれていない方も、受講中にレポートを提出をしていただきます。

STTプログラムに必要な解剖知識は、
http://www.thaimassage-school.com/pdf/stt.pdf をご参照ください。
又は、タイマッサージスクールオブジャパンのトピックスの一番下のSTTをクリック。
(スポーツトレーニングの基礎理論、西東社P10~P43、本の性質上、このPDFは、P43から逆順の表記になります。)

講習内容:座学(上記、STTに必要な解剖知識の講習はいたしません。)

①サルコペニア
②ロコモティブシンドローム
③健康寿命
④導引理論
⑤トレーニング理論
⑥伸張反射
⑦相反抑制
⑧躁体法理論
⑨PNF理論
⑩機能改善促進研究理論(初動負荷理論)
⑪筋肉とエネルギー供給
⑫筋収縮
⑬主動筋、拮抗筋、協働筋
⑭運動単位
⑮筋肉とテコの原理
⑯筋腱複合体
⑰関節角度と可動域
⑱関節運動
⑲代償動作
⑳年齢と体力
㉑トレーニングの原則
㉒トレーニング効果の特異性
㉓筋力トレーニングの仕組み
㉔超回復
㉕最大筋力
㉖最大筋パワー
㉗筋持久力
㉘レペティション・マキシマム(RM)
㉙過負荷
㉚プライオリティ
㉛スロートレーニング
㉜有酸素運動
㉝コアトレーニング
㉞ストレッチ
㉟ウエイトコントロール
㊱体脂肪
㊲ローテーターカフ
㊳消費カロリー
㊴エクササイズ
㊵基礎代謝と身体活動レベル
㊶筋肉痛
㊷オーバートレーニング症候群

実技:約60~70分のSTTプログラム

実技試験と筆記試験に合格された方は、一般社団法人国際タイマッサージ協会より
タイマッサージトレーナーの資格を得ることができます。
また、STT講座を開講できるティーチャーズコースの受講が可能となり、
ティーチャーズコース合格者は、上記の講座を開催できるようになります。

詳しくは、トピックスをご覧ください。

「第 1 期生の感想」

1.楽しかった。
2.普段タイ式で学べないことが学べてよかった。みんなに広めたい。
3.高齢者向けかと思っていたが、若い女性、弱っている人、運動不足な人に良いと思った。年齢問わず試してみたい。
4.ビフォーアフターがわかりやすく、楽しかった。今まで筋トレを全くやってこなかったが、
      これ位ならやっていても気持ちよく、受ける側にも良いかなと感じた。
5.マッサージだけではなく、スポーツの要素があるプログラムを初めてやったが、難しくもあり面白くもあり、
      やっていて楽しかった。これからもっと掘り下げていきたい。
      また、相手からの細かい質問などに対しての会話力や説明力なども身につける必要があると感じる。
6.どの筋肉が使えていて使えていなくてということが、余りわかっていない。アドバイスするにも、
      的確なアドバイスが出来ない。実際に施術に使うためには、まだまだ勉強が必要だと感じた。
7.もともとフィットネスの世界からリラクゼーションに移ってきて、リラクゼーションとしてやってきていたが、
      これからはフィットネスの要素とリラクゼーションを融合させていけるように勉強したい。
8.自分が普段、筋トレをしないので、受ける側として 3 回という回数が良かった。
      また、トレーニングした後にすぐくマッサージしてもらえるので、それも良かった。
      代償動作とか他にも使う筋肉などを把握していくことが大事だと感じた。
      誘導とか声かけが上手だと受ける側がやりやすいので、それも大事だと感じた。
9.座学がとても良かった。メディカルとはまた違った筋肉のとらえ方が勉強になった。
      みんなと 2 週間に 1 回会って学ぶことで一体感もでて、良かった。
      今回初めて通して受けてみて、リラックスしながらトレーニングも出来るというのが不思議な感覚だった。
      無理なく、一緒に頑張り、助けてもらいながら出来るのが、改めて良いなと感じた。
      早くお店でも使えるようにすすめていけたらと思った。
10.タイマッサージの手技はみんな出来ていて、そこに新たにトレーニングの要素が加わり、
      さらにそれを評価するということが難しいと感じた。
      施術の中で、細かく評価をしていくということが今までなかったので、そこが難しい。
      まだまだ勉強が必要だと感じた。

STTは、グラブルTVでもタイの最新マッサージとして紹介されました

stt-5声優の福山さんがこられました。

図1

ログイン

新着情報

タイマッサージの基礎知識

  1. タイマッサージとは?
  2. タイ国の歴史
  3. 創始者シワカ・コマラパ師の系譜
  4. オンナモについて
  5. タイマッサージに必要な仏教知識
  6. タイマッサージの心と体の治療効果
  7. タイマッサージをする時の注意事項とマナー
  8. タイ伝統医学概論
  9. タイマッサージを理解するための 整体学
  10. ルーシーダットンについて
  11. トークセンについて
  12. ヌントーンについて
  13. タイマッサージとタイ語
  14. タイマッサージの関連法規
ページ上部へ戻る